季節代わり太陽光発電
季節代わり太陽光発電
ホーム > 注目 > エレベーターの定期検査と保守点検の違い

エレベーターの定期検査と保守点検の違い

エレベーターの管理には定期検査と保守点検の2種類があります。

 

ともにエレベーターのメンテナンスには必要不可欠なものです。

 

定期検査は建築基準法第12条の3項に基づき、6か月から1年に一度、建築士や昇降機検査員が、そのエレベーターが国土交通大臣の定める基準に適合しているかどうかを調べ、その結果にもとづいて報告書を作成、特定行政庁に報告しなければいけません。

 

検査の流れとしてはまず、定期報告を行う地域法人が得れバーターの所有者、または管理者に定期点検の通知を行うことから始まります。

 

リフトの故障と修理ならここ

 

一方、保守点検は建築基準法第8条に基づいておおむね一か月に1回程度の頻度で、エレベーターに異常がないかどうか、その安全性保持や性能維持がなされているかについて調べる検査です。

 

どちらも記録は3年以上保管することが義務づけられています。